もしかしたら副作用? 息苦しくて、急ぎ足がちょっとつらい。。

  • 2018.12.10 Monday
  • 15:48

 

電車に乗るまで、あと7分。。

 

7分あれば、駅前の銀行で通帳を記帳できるかと

急ぎ足で歩きはじめたら、胸のあたりが苦しくなりました

 

急ぎ足の7分往復をあきらめて、ホームへおりる時にも

いつものように、てきぱきと体が動きません

 

なんとなく、息苦しい…

 

先週の木曜日の出来事です

ここ数日は、自宅の階段を上る足が重い気がします

 

分子標的薬ハーセプチンは、化学療法に比べると

副作用が少ない抗がん剤といえます

 

初回の投与では、約40%の患者さんに発熱、寒気が見られるそうですが

私は、初回はもちろんのこと、3回まで発熱も寒気も起こっていません

 

製薬会社による術後補助療法41例では、頭痛、疲労が5例ずつ

私は疲労感は感じるものの、放射線治療の通院疲れだと思われます

 

化学療法のように、脱毛しないし、しびれや味覚異常もありません

 

とはいえ、心臓の筋肉はHER2蛋白を必要とするため

HER2蛋白を抑えることで、心障害が4.5%の確率で発症します

 

息苦しさとともに、足の重さを感じるのは

病気になってから運動を控えているせいなのか、副作用なのか

 

あと10日、来週は4回目のハーセプチンです

 

来週をまたず、今週診察をうけたほうがよいか
主治医に相談しなければですね

水膨れが4本も! 治療終了後1週間にして、放射線の副作用!

  • 2018.11.30 Friday
  • 17:24

 

先週の土曜日は、愛する姪の結婚式

パートナーの実家に近い博多で参列しました

 

着物やワンピースの礼服は、照射痕への刺激がありそうなので

上半身のゆったりしたツーピースを選びました

 

現在、手術痕を締め付けないよう、ブラジャーの代わりに

タンクトップ型のキャミソールを着用しています

 

とはいえ、この日はツーピースのインナーをかねて…と思い

袖なしシャツを新調し、朝からこれを着込んでいました

 

そろそろ着替えたほうがいいかな…と時計を確かめた昼頃

左脇の下がなんとなく、痛痒い…

 

シャツを脱いで、脇の下を鏡にうつしてみると

なんと、赤いみみず腫れがタテに4本!

 

びっくりして、下の姪(花嫁の妹)に見てもらうと

「みみず腫れじゃなくて、水膨れになってるよ」と!

 

一番長い水膨れは、6~7センチあるとのこと

やや短い3本も、3~4センチあるようです

 

新調したシャツの袖ぐりがあたったのかもしれません

 

とにかく、土曜日で休診のはずの病院に電話すると

30分くらい後に、当直のドクターが折返し電話をくれました

 

やはり、放射線の副作用と思われるとのこと

 

市販薬の痒み止めを服用し、服と擦れないよう注意し

水膨れがつぶる可能性もあるので、ガーゼをあてなさい…と

 

大急ぎで薬局で痒み止めとガーゼを調達し

脇をしめないように、左腕を張り出して、乗り越えました

 

一夜明けて、いちばん長い水膨れともう1本は

水がなくなり、赤いみみず腫れに…

 

痛痒さもかなり軽くなり、ひと安心です

 

治らなければ、月曜日に放射線の主治医に電話を‥との助言でしたが

その必要もなく、本日、ハーセプチン投与ともに診察を受けました

 

みみず腫れが残るわきの下を診て、放射線の主治医は

「良くなっているよね」「自分でも、そう思うでしょ」

 

症状が出るのが少し遅かったものの、よくある副作用とか

「火傷と同じだからね」と主治医

 

そして、「キレイに治る!」と力強く

よかった!

 

痒み止めを出してもいいよ…ともおっしゃっいましたが

痒みもほとんどなくなっているので、お断りしました

 

ふと、心をよぎったのは、化学療法を受けていたら

放射線による火傷が、もっと重かったかも…ということでした

 

骨髄抑制で白血球が減り、免疫力が下がって

火傷がひどかったり、水膨れが治りにくかったり、膿んだり…

 

放射線も抗がん剤も、がんを死滅させるわけではなく

がん細胞を弱らせたり、増殖を抑えたりするだけとか

 

がん細胞を退治するのは、自分自身の免疫の機能にほかならず

免疫をいかに保つか、高めるかが、がん治療のポイントです

 

化学治療を避けたことによる再発のリスクもあるけれども

再発を抑える免疫力をキープすることには成功しているみたい

 

食事と生活習慣を整えて免疫力を高め

がんの微小細胞による転移・再発を防いでいかなきゃ!

 

と、決意した「4本の水膨れ事件」でした

 

 

 

放射線治療 全16回が終わりました!

  • 2018.11.19 Monday
  • 16:53

 

寡分割照射による全16回の放射線治療

本日、無事に終了しました

 

治療そのものよりも、通院疲れを痛感した16回でした
特に、前半は眠くて眠くて…

 

乳腺の主治医は、ホルモン治療の影響かも…と

 

もしかしたら、その影響もあったやもしれませんが
翌日の通院をふまえて、就寝22~23時、起床5時半

 

長さとしては、睡眠不足ではないものの
通院と仕事と家事のやりくりで落ち着かない毎日

 

なんとなく、ぐっすり眠れない日々を過ごしました

 

さらに、母が骨折で入院していて、治療の帰りがけに
母の病院に立ち寄ると、仕事を始められるのが15時頃

 

緊急のこと、優先順位の高いことから片づけても
処理を先延ばししなければならず、ストレスが溜まりました

 

放射線科のドクター、ナース、技師チームの皆さんには
本当にお世話になりました

 

毎日、通っていると、地下の暗い治療室にも
なんとなく愛着を感じます

 

次は、第3回目のハーセプチン投与の日に
放射線科の診察も受け、照射の痕を診てもらいます

 

その後は、後遺症として発症するかもしれない肺炎を
早期発見するために、3か月に1度、放射線科に通うそうです

 

ハーセプチンとホルモン剤だけではなく
放射線治療も経過観察という形で続くわけですね

 

からだはぴんぴんしていているのに
まぎれもなく患者であることを実感します

 

ホルモン剤が終わるまで、あと4年10か月
副作用にアンテナをたてながら、がんばらなきゃ!

放射線9回を越え、大きなタイルみたいな日焼け(?)がこんがりと!

  • 2018.11.09 Friday
  • 17:31

 

昨日の夜、シャワーを浴びながら

鏡に映った左半身を見て、気づきました

 

大きなタイルのような日焼け(?)跡が!

それはそれは、見事な長方形(笑)

 

サインペンでひいた線の内側だけが

日焼け(?)していますから

放射線があたったところに違いありません

 

驚いたのは、わきの下

なんだか、黒ずんでみえます

 

本日、治療の際に、症状を訴えると

ジャニーズ系の技師先生は、「私の経験では‥」

「ひどいほうではありませんよ」

 

看護婦さんも診てくれて、「これくらいなら大丈夫」

「脇はすれやすいところなので、気をつけてください」と

 

色白の友人は、赤くなったと言ってましたが

私はあまり赤くはならず、いきなり日焼け状態

 

子どもの頃、海水浴に行った後、弟は赤くなり

私は赤くなった後、すぐにこんがりしたのを思い出しました

 

「まるで日焼けサロンですね」と言うと

技師先生も看護婦さんも大笑い

 

「局所だけの〜」と合いの手も入り、和やかな治療でした

 

診察日でもあったので、ドクターにも診てもらったところ

「これくらいなら、大丈夫!」と結論は同じ

 

念のために、眠気が続いていることについて

乳腺科の主治医の「ホルモン剤かも」仮説を伝えると

 

「放射線の後に、だるいとか、ふらふらすると言う人もいるからなぁ」

 

一昨夜は10時間睡眠、昨夜は8時間睡眠をとり

本日は、眠気はほとんどありません

 

眠気の原因はひとつではなく、複合的なものかもしれません

 

週末は治療もお休み…

日曜日は仕事ですが、明日の土曜日はのんびり過ごせそうです

 

ともあれ、放射線治療も10回が終わり、残りは6回です

眠くて眠くて…。もしかしたら、ホルモン治療の副作用?

  • 2018.11.08 Thursday
  • 20:08

 

本日は、放射線の9回目とハーセプチンの点滴

 

朝いちばんの放射線に備え、昨夜は10時過ぎに眠ったのに

6時の目覚ましが鳴っても起きられない

 

先週末から眠くて眠くてたまらないのです

 

先週は、東京出張が2回もあったし、宴会も続いたし

もちろん、毎朝、通院してますし。。

 

たぶん、通院疲れとは思う(思いたい)ものの

本日の診察で、主治医に眠気を訴えてみたら…

 

「ホルモン剤かなぁ」

 

少し前から、もしかしたら…と思っていましたが

ぜひ、そうであって欲しくない!

 

何分、5年間も服用するのですから

5年間、毎日、眠いのでは困ります!

 

残り7回の放射線治療が終われば、通院頻度も下がるので

月末のハーセプチン3回目まで、経過観察します

 

ついでながら、シャワーを浴びた時に

左胸に、大きなタイルみたいな赤みを発見!

 

ほんのうっすらではありますが、折り返して後半に入り

いよいよ日焼けみたいになるのかなぁ

 

今夜は、多め広めに医療用クリーム、塗りました(・・;)

放射線治療、8回目! 寡分割照射16回を折り返しました!

  • 2018.11.07 Wednesday
  • 20:23

JUGEMテーマ:乳がん・乳癌・乳ガン

 

8回目の放射線治療が終わり
16回の寡分割照射が折り返しました

 

体調の変化といえば、眠気と軽いふらつき

 

でも、これは治療の影響というより
通院疲れのように思われます

 

特に、昨日は雨で朝の渋滞が著しく
自宅から病院まで、自家用車を運転して2時間弱!

 

すいていれば、45〜50分位なのですが…

 

看護婦さんにお尋ねしてみると、折り返しのあたりでは
「最後まで通えるかしら」と、弱音をはく患者さんが多いとか

 

最後まで通う自信はありますが
それなりに疲れてはいます(笑)

 

はじめて照射された日の夜は、ほてっている!

 

‥と感じて、「冷やしてもいいですか」と尋ねたものの
だんだん馴れたのか、結局、冷やすこともなく(笑)

 

放射線の主治医によると、後半から赤みが出たり
色黒になったりするとか

 

が、少し赤くなっている気もするけれども
外観にもそれほど変化はなく‥

 

10月下旬に治療を終えた知人(25回照射)は
いまごろ、皮がむけはじめた〜とのことです

 

処方された医療用クリームを塗って
乾燥に備えなきゃ!

寡分割照射16回のうち、5回が終わりました!

  • 2018.11.02 Friday
  • 21:57

 

10/26㈮にはじまった放射線治療

本日、5回目が終わりました!

 

1回あたりの線量をあげて、回数を減らす
「寡分割照射」なので、全16回

 

ということは、1/3弱が終わったということ。。
思いのほか、早い!

 

寡分割照射では、息止め呼吸法によって
心臓への照射をふせぎます

 

初回は息止めが上手くできなくて
技師の先生たちに心配をかけました

 

でも、2回目からはばっちり!

 

実は、マスクの素材がきめ細かくて
呼吸が不自由だったみたいです

 

照射の際に、マスクをかけるのでしたら
素材にお気をつけて!

 

いまのところ、皮膚にも体調にも
大きな変化はありません

 

これも、化学治療を受けない選択をしたからかも。。。

 

それにしても、放射線照射の技師の先生たちは
若くて、ジャニーズ系のイケメンさんぞろい(*''▽'')

 

それだけで、通院のモティベーションがあがるなんて
オヤジ化しているオバサンですね。。。

 

念のためにというので、看護婦さん(女性の看護師さん)が
アテンドしてくださり、女性患者への配慮が窺えます

 

愛知県がんセンター放射線科、やるじゃん(*^^)v

脱毛しなかった感慨と不安を味わう誕生日

  • 2018.11.01 Thursday
  • 21:48

 

転院前の主治医による治療計画では

 

10/18㈭から週1回、計12回

 

2回が終わり、3週間目くらいから脱毛が始まるならば
抜け始めるのは、10月下旬? 11月初旬…と予想しました

 

折しも、この頃に誕生日を迎えます

 

今年の誕生日には、髪は残っているのだろうか
残っていたとしても、憂鬱な誕生日になるのだろうか

 

そんなことを逡巡していたのが、9月初旬…

 

 

そして、いよいよ誕生日を越えた今
長い髪を梳く手が止まります

 

ハーセプチン単独治療を選ばなかったら
この髪は失われていたはず…という感慨と
いずれ再発の不幸に見舞われるかも…という不安と

 

その答えは5年後か、10年後か、20年後なのか
もっと先になるのか、見当もつきません

 

それでも、失われなかったグレーヘア
歳のわりには、ふわふさの温かい質感…

 

その髪とともに、失われなかった私らしい私を
慈しみ、味わっている誕生日です

放射線治療がはじまります!

  • 2018.10.26 Friday
  • 10:45

 

本日は、放射線治療の初回です。

 

乳がんの放射線療法の多くは、25回ですね。

愛知県がんセンターでは、寡分割照射の16回です。

 

9回少ないと、約2週間分の通院が短縮され

物理的のみならず精神的にも、ストレスが減ります。

 

25回を選択した知人も、16回が正解と…

 

ただし、契約内容により保険の対象にならない可能性があり

保険金を受け取りたいなら、25回を選んだほうがいいでしょう。

 

多くの医療保険では、総量50ガンマ以上が保障対象となっています。

 

寡分割照射は1回の照射が多い代わりに、総量が42~43ガンマなので
保険の保障対象からはずれてしまうのです。

 

なお、ソニー生命では、乳がんは40ガンマ以上で対象となるようです。

 

さてさて、愛知県ガンセンターの初回は、13時からで

いま、身支度しながら、ブログを綴っています。

 

CTと仮線引きは今週の月曜日に終わりました。

 

本日はきっと、蜘蛛の巣みたいな線を

書かれちゃうのでしょうね。

 

まもなくハロウィンだから ちょうどよい仮装かも(笑)

ちょっと緊張しながら、行ってきますね!

なぜ、ハーセプチン単独治療を選んだのか

  • 2018.10.24 Wednesday
  • 21:28

 

ハーセプチン単独治療を選ぶには

それなりの覚悟もいりました

 

初期の乳がんの転移再発の可能性は、約20%です

この20%を半分の10%にするのが、化学治療(化療)です

 

化療によって、転移再発のリスクは下がるのです

 

にもかかわらず、化療との併用ではなく

ハーセプチン単独での治療を決めたのは

QALYをふまえてのことでした

 

QALYとは、Quality-adjusted life yearの略語で
QOL(生活の質)とLY(Life Year/生存年数)をかけた造語です

 

たとえば、末期がんであっても、自覚症状がなく
穏やかな1年を送れることができたら、1×1.0=1QOLY

 

一方で、化療によって、QOLが半分になり
生存期間が半年延びたら、0.5×1.5=0.75QALY

 

つまり、化療をすると、QALYは0.25低くなります

 

詳しくは、「抗がん剤の正体」の著者で
大塚北口診療所の梅澤充先生のブログをご欄ください

 

私は、化療で苦しむ代償として、延命を得るより
「今」を元気に生きる道を選びたかったのです

 

それは、「将来」を豊かに生きるためでもあります

 

ただいま、還暦リーチ!
来年、還暦を迎えます

 

40代なら化学療法を選んだでしょう
50代も半ばまでなら、迷ったでしょう

 

でも、還暦を前にした今だからこそ
70代に向けて、もうひとがんばりしたい!
副作用で苦しんでいるわけにはいかない!

 

「今」を元気に生きて、多少、短くなったとしても
豊かさを実感できる「将来」を選ぼう、と決めたのです

 

切りとったシコリは、1.3×1.1cm リンパ節転移なし

いわゆるステージ気如10年生存率 約90%

 

そして、転移再発の可能性は約20%とも言われます

 

80%の患者さんは転移再発しないのに

20%に入ることを前提に、予防治療は行われています

 

もしかしたら、80%に入るかもしれない患者さんにも
超ウルトラすごい副作用のある化療が推奨されている…

 

転移再発のリスクを減らすのか
いまを元気に過ごすのか…

 

ある意味では、博打です

 

私は、20%ではなく80%に入ることを信じて
化療をしりぞけようと決めました

 

そして、もし20%に入り、転移再発してしまったら…

 

その時には、梅澤先生が奨めていらっしゃる
「だらだら続けるがん治療」を受けようと思います

 

私の乳がん細胞は「HER2蛋白の異常発現」があり
かつては、性質が悪いと言われていた”サブタイプ"です

 

今は、分子標的薬のハーセプチンがよく効き
性質のよいタイプと言われるようになりました

 

放射線とともに、1年間のハーセプチンの治療は
ちゃんと受けるつもりです

 

そうそう、5年間のホルモン治療も!

 

化療のほかに、打つ手がある”サブタイプ”であることも
ハーセプチン単独の決断の後押しをしてくれました

 

早期だったことに加え、年齢と価値観と
サブタイプ=治療の可能性

 

さらに、主治医によれば、HER2タイプのほとんどが
組織グレード3なのに、私の場合はグレード2

 

つまり、進行度がやや遅いこともふまえて
ハーセプチン単独治療を選択できました

 

単独治療には、リスクも伴いますが
情報収集と分析と覚悟のうえで選択した私…

 

ちょっとほめてあげても、いいかなぁ(笑)

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

各地の天気!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 放射線9回を越え、大きなタイルみたいな日焼け(?)がこんがりと!
    くのすけ (11/15)

recommend

抗がん剤治療の正体 (ベスト新書)
抗がん剤治療の正体 (ベスト新書) (JUGEMレビュー »)
梅澤 充
すべき抗がん剤治療とすべきでない抗がん剤治療が分かります!

recommend

がんを告知されたら読む本―専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい“がん
がんを告知されたら読む本―専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい“がん"の話 (JUGEMレビュー »)
谷川啓司
3大治療+免疫療法! 自分らしく生きるための治療法を選ぶるようになります!

recommend

recommend

ハーバード流 幸せになる技術 PHPビジネス新書
ハーバード流 幸せになる技術 PHPビジネス新書 (JUGEMレビュー »)
悠木 そのま
日々の幸せ習慣で、免疫力を高めましょう! 

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM